総量規制

MENU

総量規制とは?

okサインの女性

ネットでキャッシングのことを調べていると、「総量規制対象外のカードローン」などという説明がありますね。この総量規制とは何でしょうか?専業主婦が借り入れをする場合は、この規制からどんな影響を受けるのでしょうか?

 

まず、総量規制というのは、貸金業法の中で定められているルールで、貸金業者は借りての年収の3分の1までの金額しか貸し付けをしてはいけないというものです。これは、借りすぎで多重債務になり生活苦に陥る人が増えたため。設けられた規制です。貸金業者は、この規制を守るために、借り入れ申込者の借入残高の総額が年収の3分の1に達しているかどうかを、信用情報機関に問い合わせて確認します。もし、すでに借入残高が年収の3分の1に達していることが分かれば、貸し付けはしません。つまり、審査に落ちるわけです。

 

ただ、この総量規制には、例外があり、例外に当てはまる場合は、年収の3分の1を超える金額でも借りることができます。例外とされているのは、顧客に一方的有利となる借換え、緊急の医療費の貸付け、社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け、個人事業者に対する貸付け、預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付けです。

 

この例外の中に「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」というのがありますが、この例外が適用されれば、自分に収入がない専業主婦でも借り入れができるわけです。つまり、自分に収入がなくても配偶者に収入があれば配偶者の年収の3分の1までの借り入れができます。ただ、この例外を適用して専業主婦にもお金を貸す貸金業者は一部のレディースローンに限られています。大手消費者金融では専業主婦には貸し付けをしていません。それで、専業主婦が借り入れをする場合は、中小の貸金業者のレディースローンや、総量規制対象外の銀行のカードローンを利用できます。銀行のカードローンは、限度額が低く設定されますが、金利も低く、提出書類も少ないので、審査に不安がなければ、銀行のカードローンがいいと思いますよ。